日本性科学会雑誌 24巻2号

第26回日本性科学会学術集会抄録集

「性の健康」とジェンダー
村口喜代
村口きよ女性クリニック
日本性科学会雑誌 24(2): 108-110, 2006.
美術史から見るジェンダーとセクシュアリティ
若桑みどり
千葉大学, ジェンダー文化研究所
日本性科学会雑誌 24(2): 112-113, 2006.
若桑みどり氏をお迎えして
村口喜代
日本性科学会学術集会
日本性科学会雑誌 24(2): 114-115, 2006.
西洋美術史に見るジェンダーとセクシュアリティ
若桑みどり
ジェンダー文化研究所, 千葉大学
日本性科学会雑誌 24(2): 116-122, 2006.
性の健康世界学会 モントリオール宣言「ミレニアムにおける性の健康」
大川玲子
日本性科学会
日本性科学会雑誌 24(2): 124-126, 2006.
性の健康世界学会 モントリオール宣言“ミレニアムにおける性の健康”第17回世界性科学会会議(モントリオール2005)
日本性科学連合
日本性科学連合
日本性科学会雑誌 24(2): 127-128, 2006.
ジェンダーの基本的概念およびその歴史的背景と現状
芦野由利子
ジョイセフ〔家族計画国際協力財団〕
日本性科学会雑誌 24(2): 130-135, 2006.
座長の言葉
堀口貞夫
主婦会館クリニック, からだと心の相談室
日本性科学会雑誌 24(2): 138-139, 2006.
若者の性役割意識の現状について
須藤廣
北九州市立大学文学部人間関係学科
日本性科学会雑誌 24(2): 140-142, 2006.
結婚におけるセクシュアリティ
宗片恵美子
特定非営利活動法人イコールネット仙台
日本性科学会雑誌 24(2): 143-145, 2006.
中高年者におけるジェンダーとセクシュアリティ
堀口貞夫
主婦会館クリニック, 身体と心の診断室
日本性科学会雑誌 24(2): 146-149, 2006.
DVを通してみるジェンダーとセクシュアリティ
沼崎一郎
東北大学大学院文学研究科
日本性科学会雑誌 24(2): 150-153, 2006.
ジェンダー・アイデンティティの実りある議論のために
中村美亜
セクソロジスト
日本性科学会雑誌 24(2): 154-157, 2006.
1. 性相談の主訴の変遷-勃起障害から性欲障害へ-
金子和子
日本赤十字社医療センター
日本性科学会雑誌 24(2): 160-160, 2006.
2. 産婦人科系外来で経験した性機能障害から考える女性診療のあり方
岩永直子1), 森村美奈2), 吉田愛2), 則行麻衣子2), 北岡美穂2), 尾崎宏治2), 鍵本伸明3), 安井智代2), 本田謙一2), 中井祐一郎2), 金岡靖2), 今中基晴2), 廣橋一裕2), 石河修2)
1)泉大津市民病院, 2)大阪市立大学医学部附属病院, 3)かぎもとクリニック
日本性科学会雑誌 24(2): 161-161, 2006.
3. ターナー症候患者における「性と生殖」に関する意識調査
菅沼信彦1), 小川正道2)
1)京都大学医学部保健学科, 2)名古屋・小川クリニック
日本性科学会雑誌 24(2): 162-162, 2006.
4. 現代の性教育に欠けているもの
堀上英紀
法政大学国際文化学部
日本性科学会雑誌 24(2): 163-163, 2006.
5. 4つの性の健康の視点で展開する新性教育論
武田敏
千葉大学
日本性科学会雑誌 24(2): 164-164, 2006.
6. 日産婦医会宮城県支部の性教育への取り組み
長池文康, 古賀詔子, 佐々木悦子, 安藤順一, 渡辺正, 千田定則, 中川公
日産婦医会宮城県支部性教育委員会
日本性科学会雑誌 24(2): 165-165, 2006.
7. 女性ホルモン補充療法中(4年間, 7年2ヶ月間)に発症した乳癌の二症例
山崎高明, 山崎敦子
山崎産科婦人科医院
日本性科学会雑誌 24(2): 168-168, 2006.
8. 前立腺肥大症治療薬(α1遮断薬)内服時の射精障害に関する超音波カラードプラによる解析
永井敦, 原綾英, 藤井智浩, 常義政, 横山光彦, 宮地禎幸
川崎医科大学泌尿器科学教室
日本性科学会雑誌 24(2): 169-169, 2006.
9. 前立腺癌根治手術後, QOLを高めるため, 男性ホルモンの投与は是か非か?
亀谷謙1), 河村洋子2)
1)亀谷メンタルクリニック, 2)岐阜大学工学部
日本性科学会雑誌 24(2): 170-170, 2006.
10. 初診時にホルモン剤を使用していたMTFに対する検討
織田裕行, 守田稔, 山田圭造, 堀内麻美, 吉野真紀, 中平暁子, 鈴木朋子, 山田妃沙子, 鈴木美佐, 木下利彦
関西医科大学精神神経科学教室
日本性科学会雑誌 24(2): 171-171, 2006.
11. グローミン(テストステロン外用薬)が有用であった低テストステロン症の1例
内田洋介, 西山賢龍, 中川昌之
鹿児島大学泌尿器科
日本性科学会雑誌 24(2): 172-172, 2006.
12. ED治療内服薬に対する女性看護師の意識
赤嶺依子1), 外間実裕2), 眞栄城千夏子1), 国吉緑1), 久保美紀子1), 福添陽子1), 宮城千賀子1), 小川由英2)
1)琉球大学医学部保健学科, 2)琉球大学医学部泌尿器科学
日本性科学会雑誌 24(2): 173-173, 2006.
過去・現在・未来から読み解く「ジェンダーとピル」
北村邦夫
(社)日本家族計画協会
日本性科学会雑誌 24(2): 176-181, 2006.
タイトルとURLをコピーしました