日本性科学会雑誌 32巻2号

第34回日本性科学会学術集会抄録集

「生殖と性 : 社会を知り社会に発信する」
中塚幹也
岡山大学大学院保健学研究科
日本性科学会雑誌 32(2): 124-125, 2014.
I-1 子宮頸がんと性~診断・治療により変化する性機能と性への気持ち~
春間朋子1), 関典子1), 西田傑1), 小川千加子1), 楠本知行1), 中村圭一郎1), 平松祐司1), 中塚幹也2)
1)岡山大学大学院医歯薬学総合研究科産科・婦人科, 2)岡山大学大学院保健学研究科
日本性科学会雑誌 32(2): 128-129, 2014.
I-2 乳がんと性
渡邊知映
上智大学総合人間科学部看護学科
日本性科学会雑誌 32(2): 130-131, 2014.
I-3 性同一性障害と性
難波祐三郎
岡山大学病院ジェンダーセンター
日本性科学会雑誌 32(2): 132-133, 2014.
I-4 男性不妊と性
平山史朗
東京HARTクリニック
日本性科学会雑誌 32(2): 134-135, 2014.
II-1 デートDVを話す
ELL
岡山大学・学生ピアサポートグループ
日本性科学会雑誌 32(2): 138-139, 2014.
II-2 学校現場におけるLGBTの子どもの現状
藥師実芳
特定非営利活動法人ReBit
日本性科学会雑誌 32(2): 140-141, 2014.
II-3 性教育で生殖医療を取り上げる
高山修
岡山大学生殖補助医療技術教育研究(ART)センター
日本性科学会雑誌 32(2): 142-143, 2014.
II-4 学校で, ジェンダー, セクシュアリティ, 生殖技術を教える~思春期のセクシュアリティと「性的いじめ」~
金子由美子
公立中学校
日本性科学会雑誌 32(2): 144-145, 2014.
1 性同一性障害者の低学歴傾向と学校制服への抵抗感との関係についての一考察
大島義孝1), 松本洋輔1), 佐藤俊樹2), 内富庸介3)
1)岡山大学病院精神科神経科, 2)さとうクリニック, 3)岡山大学大学院医歯薬学総合研究科精神神経病態学教室
日本性科学会雑誌 32(2): 148-148, 2014.
2 小学生の頃の性同一性障害 (MTF) 当事者の「封じ込める体験」とカミングアウトの困難性
犬飼麻衣1), 岩崎美江1), 冨谷友美1), 大森菜未1), 新井富士美2), 冨岡美佳1),2),3), 中塚幹也1),2)
1)岡山大学大学院保健学研究科, 2)岡山大学ジェンダークリニック, 3)山陽学園大学看護学部
日本性科学会雑誌 32(2): 149-149, 2014.
3 学校における性同一性障害の子どもへの支援に対する教員の意識
久保光太郎1), 松井佳代2), 新井富士美1), 長谷川徹1), 酒本あい1), 小谷早葉子1), 松田美和1), 鎌田泰彦1), 平松祐司1), 中塚幹也1),3)
1)岡山大学病院産科婦人科, 2)高知大学医学部附属病院, 3)岡山大学大学院保健学研究科
日本性科学会雑誌 32(2): 150-150, 2014.
1. 社会的性自認に対して持続的な性別違和感を有し, ジェンダーセンターを受診した性分化疾患の3例
松本裕子1), 杉本盛人1), 渡部昌実1), 倉橋寛明1), 荒木元朗1), 江原伸1), 渡邉豊彦1), 那須保友1), 公文裕巳1), 石井和史2)
1)岡山大学病院泌尿器病態学, 2)岡山市立市民病院泌尿器科
日本性科学会雑誌 32(2): 152-152, 2014.
2. 性分化疾患に対する外科治療
渡邊敏之1), 木股敬裕1), 難波祐三郎2)
1)岡山大学大学院医歯薬学総合研究科形成再建外科, 2)岡山大学病院ジェンダーセンター
日本性科学会雑誌 32(2): 153-153, 2014.
3. GIDに対する造膣術の選択
渡邊敏之1), 木股敬裕1), 難波祐三郎2)
1)岡山大学大学院医歯薬学総合研究科形成再建外科, 2)岡山大学病院ジェンダーセンター
日本性科学会雑誌 32(2): 154-154, 2014.
4. 陰茎弯曲症の4例
内田洋介
慈愛会今村病院泌尿器科
日本性科学会雑誌 32(2): 155-155, 2014.
5. ハンズフリーMasturbatorが有効であった膣内射精障害の1例
池田稔, 池田景子

日本性科学会雑誌 32(2): 156-156, 2014.
6. 分娩時の諸要素が性機能に与える影響
宋美玄
川崎医科大学病院産婦人科
日本性科学会雑誌 32(2): 157-157, 2014.
7. 人工股関節置換術手術前後における女性の性機能について
奥村敬子1), 田巻達也2), 老沼和弘2), 白土英明2)
1)成田記念病院泌尿器科, 2)船橋整形外科病院診療部
日本性科学会雑誌 32(2): 158-158, 2014.
8. 当院における『がん患者および家族 (パートナー) の性 (セクシュアリティ) 』に関する医療者の認識と支援の実際(アンケート調査結果)
清藤佐知子1),2), 宮内一恵1), 池辺琴映1), 清水弥生1), 谷水正人1)
1)国立病院機構四国がんセンター患者・家族総合支援センター, 2)国立病院機構四国がんセンター乳腺科
日本性科学会雑誌 32(2): 159-159, 2014.
9. 医師と助産師が行う, 地域に根ざした幼児向け”性の健康教育” の取り組み
丸橋和子
立川相互病院産婦人科
日本性科学会雑誌 32(2): 160-160, 2014.
10. 大学生の妊娠適齢期に関する知識と意識 – 看護学生と一般学生の比較 –
岡崎愉加1), 吉田杏子2), 三島克織3), 原田さゆり1)
1)岡山県立大学保健福祉学部, 2)一般財団法人倉敷成人病センター, 3)公益財団法人大原記念倉敷中央病院機構倉敷中央病院
日本性科学会雑誌 32(2): 161-161, 2014.
11. 性嫌悪症の実態から見える, 現代の恋愛・結婚・セックス・出産
西郷理恵子
東邦大学医療センター大森病院リプロダクションセンター
日本性科学会雑誌 32(2): 162-162, 2014.
12. 緊急避妊薬 (EC) の処方時における, 低容量避妊薬 (OC) 処方の工夫と現状について
金子法子
医療法人いぶき会針間産婦人科
日本性科学会雑誌 32(2): 163-163, 2014.
タイトルとURLをコピーしました