学術集会・セミナー

学術集会

第41回日本性科学会学術集会

会期:2022年8月28日
会場:WEB開催
会長:森明子( 湘南鎌倉医療大学看護学部長 )
テーマ:性のQOLを高める支援のために性科学ができること

プログラム

会長講演:性のQOLと看護(仮)

 演者:森 明子 (湘南鎌倉医療大学 看護学部看護学科 学部長)

教育講演:性のQOL支援の潮流

1.Sexual Pleasure から Sexual Justice の時代へ

 座長:大川 玲子(国立病院機構千葉医療センター非常勤医師)

 演者:早乙女 智子(公益財団法人ルイ・パストゥール医学研究センター研究員

神奈川県立足柄上病院非常勤医師)

2.GSM(閉経後泌尿生殖器症候群)と性のQOL(仮)

 座長:高波 眞佐治(東邦大学医療センター佐倉病院 泌尿器科東邦大学 名誉教授)

 演者:関口 由紀(医療法人 LEADING GIRLS 女性医療クリニックLUNAグループ 理事長・CEO)

特別講演:性機能と漢方(仮)

 座長:杉山 正子(すぎやまレディスクリニック 院長)

 演者:森 裕紀子(北里大学東洋医学総合研究所)

ミニセミナー:射精障害(仮)

 座長:永井 敦(川崎医科大学附属病院 病院長)

 演者:小堀 善友(プライベートケアクリニック東京 東京院 院長)

シンポジウム:不妊/疾患・治療と性のQOL

 座長:菅沼 信彦(京都大学 名誉教授 / 名古屋学芸大学 看護学部 教授)

    金子 和子(日本性科学会カウンセリング室)

 演者:杉本 公平(独協医科大学埼玉医療センター  リプロダクションセンター長)

    定本 幸子(岡山二人クリニック  不妊症看護認定看護師)

    高橋 良当(南千住病院 一般内科・消化器内科)

    久保 知(愛知県がんセンター がん放射線療法看護認定看護師)


ホームページhttps://sites.google.com/view/jsss41th/

過去の学術集会

研修会

*毎年5〜6月にセックス・カウンセリング研修会(2013年に性治療研修会から改称)を開催しています。また近畿地区研修会も年1回開催しています。

第51回セックス・カウンセリング研修会

テーマ:ICD-11が示す「性の健康に関する状態」~治療の実際~
日時:2022年5月29日(日) 9:30~15:30
会場:オンライン(ZOOM) ※参加費をお支払い済みの方に後日リンクが送られます
参加費:一般(非会員)8,000円、会員5,000円、学生1,000円
参加申込みはこちらから

内容
ICD-11が示す「性の健康に関する状態」~治療の実際~ をテーマに、以下の講師がそれぞれの立場から30分程度の講義を行います。また、最後の1時間はZoomのブレイクアウトルーム機能を使用した演習も行い、講義と実践で総合的にセックス・カウンセリングについて学ぶ研修会です。

日本版専門家向けSAR(Sexual Attitude Reassessment)の試み
早乙女智子(公益財団法人ルイ・パストゥール医学研究センター研究員、日本性科学会副理事長)

ICD-11「性の健康に関する状態」の概要
針間克己(はりまメンタルクリニック院長、日本性科学会理事長)

出生時に割り当てられた性別に違和感を持つ人と医療
松本洋輔(岡山大学ジェンダーセンター、日本性科学会会員)

ICD-11から見た男性性機能不全と治療
奥村敬子(公立陶生病院泌尿器科、日本性科学会幹事)

ICD-11における女性生機能不全〜治療の実際(仮)
田中奈美(つくばセントラル病院産婦人科、日本性科学会幹事)

性機能障害への心理的アプローチ
金子和子(日本性科学会カウンセリング室、日本性科学会理事)

過去の性治療研修会(第1〜25回・1979年〜1996年)

過去の性治療研修会、セックスカウンセリング研修会(第26〜50回・1997年〜2021年)

過去の近畿地区研修会

タイトルとURLをコピーしました